【読書メモ】デザインのデザイン


31aMnuwnAhL._SX342_BO1,204,203,200_

図書館に返すまで時間がないので手短かに要点だけ。

・デザインとは何か?

表層的な外見をこねくり回す作業も含め、相手がどういった印象を抱くかまでを一貫して考えることが要求される。例:黄色に黒の縞を見ると、それを目にした人が連想するであろうことは?ー>蜂、工事現場、etc

新規性やアイデンティティという面から経済と密接な関わりをもつ。文化デザイン・産業デザインという視点。

機能も内包する。例:四角いトイレットペーパー = 引っ張ったときに生じる抵抗により省資源を誘発。輸送時のデッドスペースの減少。ひいてはそれらのメッセージ性。

テクノロジーの発達と密接に関わる。 例:オムツへの心理的抵抗を無くす服。吸水率の高い衣類一式の中で「吸水レベルが高いトランクス」として位置づける。

行動を誘発する。 例:玄関の隅にあるくぼみ。傘が立てられる場所として気づかないうちに利用される。アフォーダンス。

背景を想起させる。 例:病院での布製の看板。汚れやすい布が常に白いまま看板として存在する=頻繁に洗濯などしている=気遣い、清潔度のレベル、十分な人間の配置。

解釈の多様性がある、そこに各個人の好意が付与される。

欲望のスキャンの結果としての洗練がある。その市場の欲望レベルが高いとは、その商品がこうあるべき・こういう機能がほしいといったビジョンが人々の中で熟成されているということ。車であれば、音が小さい、壊れない、衝撃が小さい、安定感など。
しかしこれが家具や家になると、こと日本においては人々の欲望の水準レベルが高くない(=上級水準、取りうるオプションを知らずにここまできた。画一的な建て売りによる?)
したがって対象とする市場でのレベルが低いと、その市場で人気な商品の質は世界的に見ればたかが知れたもの。いかに人々の潜在的欲望のレベルを上げて行くかが長期的には機能する。

日本での陰嚢礼讃。

メディアとしてのガムテープ。日常シーンで使われ、輸送され、人々の目に付く広告になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする