windows7 とubuntu14.04のデュアルブート失敗からのgrubによる復帰


以前、windows8とubuntu 14.04のデュアルブートの記事を紹介しました。
今回はwindows7とubuntu 14.04で同じことをやろうとしたらうっかりwindowsが消えかけたので、
備忘録として対処法を。

1,UbuntuをDVDに焼く

http://satomablog.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
こちらなどを参考に。フツーにisoを拾って来て焼く。
あとwindowsではパーティションを縮小して100Gほど確保。

2,Ubuntuディスクを入れて、UEFIで起動

特にwindowsで何も設定などいじらず(セキュアブートとかいじるべきだった?)、
ディスクから起動を選択。
eraseを選択しないよう気をつけて、something elseから
縮小したfree spaceの100GB中、8GBを論理パーティションとしてスワップに、
残りを基本パーティションでext4として / で定義。
ブートローダーはwindows8のときと同様、windowsと同居させればいいんだと思って
/dev/sda を選択してインストール。

3,失敗、からのブートローダーの編集

再起動するとwindowsが立ち上がると他のサイトでは言われているのに、なぜかubuntuが自動で起動。
windowsと選択できる画面も出ない。
NFTSは潰れてないはずなのに?
調べてみると、選択画面が出るように編集しないといけないらしい。

参考サイト様
https://sites.google.com/site/hopekb514/lin/ubuntu/jj/dual-boot
http://ch.nicovideo.jp/x-nukos/blomaga/ar500302

やることとしては、

sudo apt-get install grub
grubっていうブート関係をいじるパッケージを導入

sudo fdisk -l 
windowsのブートローダー(NFTSかつ領域が100MB程度のやつ、not OS)がインストールされてるディレクトリを探す(ex: /dev/sda2など)

sudo blkid /dev/sda 
そのブートローダーのUUIDを確認する

sudo gedit /etc/grub.d/40_custom

menuentry “Microsoft Windows 7” {
search –fs-uuid –no-floppy –set=root (調べたUUID名)
chainloader (${root})/efi/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
}
を最後の行に追加。

sudo update-grub
最後に設定を更新。

で、再起動すると復活。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする