【初心者向け】docomo apiのmrconciergeのサンプルを動かす


今回は、docomoが公開しているAPIのサンプルを動かすのすら大変だったので
サンプルが無事動くに至るまでの記録を書いておきます。

スタート (AM 10:00)

docomo developer support
このサイトにて、
・画像認識
・音声認識
・雑談
・音声合成
etc
の各APIが公開されていて、精度もかなり高い。なので、これを使って面白いことをしようと思いました。

まず開発者利用登録と申請を済ませ、「サンプルコード」からコンシェルジュをダウンロード。
よく分からないのでeclipseに普通にimport。
コンパイルとエミュレータ上でのインストールは出来るものの、ClassNotFoundExceptionなどで起動せず。
Libraryの更新などするもダメ。挫折一回目。

二回戦 (PM 00:15)

ダウンロードしたサンプルのファイル構成が普通のeclipseのプロジェクトと違うことに気づく。
gradleという文字列が多いのでググる。

gradle入門
Gradleで始めるJavaプロジェクトとEclipseのプラグイン

Make的なビルドツールらしい。eclipseで使えるようにするためにプラグイン導入。
ビルド失敗。local.propertiesがないらしい。

Gradle: SDK location not found, the problem and solution

ようやくeclipse上でビルド成功。Tasks Quick Luncherからbuildと叩くだけでサクサク。
生成されたapkをエミュレータに入れる方法が分からない。

APKをAndroidのエミュレータにインストールしてみる
エミュレーターからアプリケーションの削除

なるほど、terminalからコマンドを叩くと行けるらしい。
インストールできたが動かず。挫折二回目。けっこう萎える。

三回戦 (PM 15:00)

しかしよく考えると、なんで足りないファイルがあったのか?
環境がおかしいのか?
Gradleについて調べていると、どうもAndroid Studioのスタンダードらしい。
eclipseではなくAndroid Studioでビルドするものなのだろうか。とりあえず環境構築。

ゼロからわかるAndroid Studioインストール手順(Mac版)

でもなんかエラー吐いてインストールできない。

“The following SDK components were not installed: sys-img-x86-addon-google_apis-google-22 and addon-google_apis-google-22”

どうもバグがあるっぽいのでカスタムでインストール。できた。

さてインポート。すんなり行った。
いざビルド。できた!
さて起動。動いた!!!!

Screenshot_2015-05-30-17-49-38

いざ音声認識で会話しようと試してみるとエラー。
ServerException -ACCESS DENIED- Service not associated with ServiceGroup
Error Code: POL0001
だそうで。サーバー落ちてんじゃん!
とかヤジる前に一応エラーコードでググるとAPIのリファレンスがヒット。

docomo Developer support API 共通リファレンス

認可エラーのコードらしい。
もしかして、と思ってAPIの申請を再びチェックすると、音声認識APIの申請が足りてなかった。
再度申請してAPIキーを上書き。

音声認識した!!

Screenshot_2015-05-30-18-00-08

猫と言ったら好奇心と来たので英語で返事してみたんですが、認識は日本語だけらしいです。
認識率はかなり高い!が、会話になっているかというと…どうだろう

で、この記事を書き終わる。(PM18:00)
今からランニングと映画。
技術力がないと休日がすぐ終わってしまう…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする