ニース(フランス)の人々の生活


ニース生活が一ヶ月経ったので、生活面で気になった部分をピックアップ。どこまでがヨーロッパ全体の話か知らないので、とりあえずニースで体験した事をまとめてみます。

マナー編

路上駐車

2車線の道路があれば、ほぼ間違いなく路駐で一車線埋まってます。洗車という概念はどこにもないようでベンツであろうともホコリまみれ、車がベコベコだったり縦列駐車で前後にボコボコぶつけて停めたりしてるのもチラホラ。
DSC_0106 - copie

信号

老若男女問わず、全世代信号無視します。しない人も半分くらいいます。日本だと「バッカヤロー!」って怒られますが、こっちだと車が停まって道を譲ってくれます。おおむね。

タバコ

ヨーロッパは禁煙先進国的なイメージを持ってたんですが勘違いでした。みんなバリバリ歩きタバコして、バシバシポイ捨てします。

図書館

土日も開いている図書館は、オープンを待つ人だかりがすごいです。100人規模の自習室もほぼ満席。しかも皆数時間単位で勉強してます。非常に静かで快適。

人間編

オシャレ

ではないです。合コンしたくないランキング日本一の大学に通う自分が言うのもなんですが、全然オシャレではないです。上下灰色ジャージとかバンバンいます。H&Mのパーカー来てればオシャレだろう、的な。

身長

そこまで大きくないです。男性は平均175〜7くらいの印象。痩せてる人が多くて、割とガタイはひょろめ。

言語

観光地だからか、割と英語が通じる人がいます。
またフランス語に関しては、南仏ではイタリア寄りの発音をするらしく、パリと比べると割と分かりやすい発音のようです(それでも全然分からない)

人種

びっくりするくらいアジアンが少ないです。中華料理屋もまだ5件くらいしか見てません。今まで10カ国以上は訪れましたが、中国人がここまでいない街は初めてです。割合的には白人75%、黒人が15%、中東系5%、その他5%って感じ。

生活編

食事

日本人より食べません。他のファミリーの話を聞いていても同様なので、ヨーロッパ全体の傾向としてそんなに量を食べないような印象があります。というか食事の内容に興味がない?人とコミュニケーションするためのツールとしての食事、という位置づけなんでしょうか。表現おかしいですが、日本人の方が肉質がいい気がします。

節約

水やお金を節約します。質素までいかないけど、必要最低限を是としている感じ。

インフラ編

お湯&ネット

皆が使ってる時間帯(6〜9時くらい)はお湯が出なくなります。ネットも同様に割と不安定で、よく電波がなくなります。

レンタサイクル&カーシェア

これがすごいなと思ったんですが、velobleuというレンタサイクルが市街地に点在していて、登録して期間分の料金を支払っておけば、チャリ置き場であれば好きなところで乗車&乗り捨て可能。一週間などの短期もあるが、年間でも25ユーロ。チャリの盗難が日常茶飯事なヨーロッパでこれは嬉しい。登録には電話が必要。
DSC_0200 - copie
またカーシェアではautobleueというサービスがあり、どうも電気自動車の様子。料金は1hで5〜8.5ユーロ程度のよう。これも素晴らしいサービス。
DSC_0221 - copie

動物編

海沿いなのでカモメはニャアニャアしてるんですが、それ以上に鳩だらけ。至るところに鳩がいて、ちゃんとしたお店の中も悠然と闊歩してます。
また、鳩に駆逐されているのか、ネコは全然にゃあにゃあしていません。悲しい。一匹だけかろうじて確認。
DSC_0208 - copie
そして、みんな犬を散歩しています。確かステータスの象徴って何かで読んだ気が。でもフンは放置。拾ってくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする